So-net無料ブログ作成
検索選択

十和田湖畔の秋色 [十和田湖]

おばんでございます。

すっかりからぽねやんでしまっているあいだに、田んぼの稲は刈られ、ねぶたの喧騒は脳裏から薄れ、今や、睡蓮沼の紅葉は盛りを過ぎ、こぎんさんの愛する蔦沼が最高潮だと思います。夜には白鳥がV字で南に向かって飛んでゆくようになりました。

でも、里山や弘前公園の紅葉の盛りはこれからです。 先日(23日)行ってきた十和田湖畔の秋色をちょっと紹介したいと思いす。

大分靄ってしまっていましたが、これもまた良しかなです。でも、外輪山方面からは十和田湖が俯瞰できそうもないので、一気に滝ノ沢経由十和田湖畔に下りました。

PA237932.jpg 

 PA2388011.jpg

 

PA2388082.jpg

 

PA2388213.jpg  

 

雨の中、御前ヶ浜 を乙女(かな?)の像まで行ってきました。

PA2388336.jpg

 

 PA2388305.jpg 

 

PA2388254.jpg 

 

朝に、智恵子抄巻末の歌六首(清水脩作曲)を聴いたせいか檸檬を供えたい 気持になってしまいました

PA237961.jpg 

 

自分は雨合羽を着ていたのですが、カメラには着せてなかったので、濡れまくっていました。

いつものポイントである瞰湖台へ移動。しばし、湖面や烏帽子岩を眺めて過ごしました。PA2388417.jpg

 

帰ろうとした時。とっ!突然視界が開けました。 

PA2388618.jpg

 

 ここから、奥入瀬渓流、蔦沼界隈、睡蓮沼、酸ケ湯、城ケ倉、大川原と一気に行くつもりでしたが、午後2時を回っていたこともあり、来た道を帰ることにしました。3時半にはいつもの温泉到着。1時間ちょっとゆっくり浸かって5時過ぎの帰宅でした。

また、紅葉の風景を紹介したいと思います。

がっ!乞う!不期待! 


nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。