So-net無料ブログ作成
検索選択

稲の自然乾燥 [田んぼアート]

おはようございます

田んぼアートでのasahamaさんのコメントで

稲の干し方が気になるということでしたが

実は私もなぜか昨年突然あれっ?!と思っていました

小さい頃は束にして地面にじか(直)に並べていたと思っていたのですが

棒がけはどうだったかあまり覚えていません

でっ!!

こんな絵を撮ってましたので上げることにしました

DSC0004301.jpg

PA10785503.jpg

 

PA10863504.jpg

 

DSC0018602.jpg

 

いろいろ気を付けて見ていましたが一様ではなく

それぞれの農家によって違っていました

でも、棒(※杭)掛けとハサ掛けがほとんどで束にして直に並べているの(※束立てというみたいです)は少ないような気がします

※掛け方の呼称については美の国あきたネット(秋田県公式Webサイト)を参照しました。

http://www.pref.akita.jp/fpd/nogu/nogu-005.htm


nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 13

コメント 6

OJJ

私の田舎(播州)ではその昔、稲木と呼ばれる横棒に稲束を掛けて干すのが圧倒的でした。今ではコンバインで直接刈り取って脱穀まで・・
でも自家米は稲木で自然乾燥させて・・という農家も多いようです。ラストの写真のように一本足の案山子のように周囲に稲束を配列するのは見たことが有りません。籾を獲った藁だけならこの形で積み上げるのが普通ですが

by OJJ (2012-01-21 19:55) 

COLE

稲の干し方にもいろいろあるんですね
by COLE (2012-01-21 21:28) 

たいへー

田が広いので、絵になりますね。
我が山里は、こじんまりでして。^^
by たいへー (2012-01-22 07:50) 

littleducks

こちらも、OJJさんのように稲架木(はさぎ)に稲をかけて干します。
by littleducks (2012-01-22 18:18) 

asahama

いろいろな種類があってすごいです!

私が体験したのは「はさがけ」でした。

青森に行くとき、車窓から棒かけで干しているのを良く見かけます。
蓑をかぶって佇む人のようにも見えるなぁと。

どれも美しい風景です。
今はほとんど機械干しと聞いたので、ますます貴重ですね。


by asahama (2012-01-23 21:14) 

ミッチー

おばんでございます

地方によって違いがあるんですね。気候のちがいかな?と思ったりしています。どっかの農業(稲作)研究所か農学部で研究していませんかね?農学生に告ぐ!卒業研究のテーマにせよ!!(誰かがやっていなければ)
稲木、稲架木、ちょとちがうんですね。一本の横棒と何本かの横棒を組んだのとの違いでしょうか。ある農家では山形から嫁を貰ってから「はさがけ」にしたという話も聞いたことがあります。

OJJさん
そうですよねコンバインで一気にやっている情景をよく見かけるようになりました。稲木と言うんですね。

COLEさん
同感です。2枚目の絵では3種類の干し方をしています。今度、どうしてなのか聞いてみようと思っています。

たいへーさん
里山のこじんまりした稲干し風景を是非紹介してください。きっと風情があるんでしょうね。

littleducksさん
やっぱりそうですか。日本海側では多いと書いていました。

asahamaさん
土地土地の秋の風景として是非残して欲しいですよね。

xml_xslさん、sampsonさん、thisisajinさん、りく之介さん、ENOさん、デスラさん、rebeccaさん、月夜さん
おいでいただきナイスありがとうございました
by ミッチー (2012-01-31 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。