So-net無料ブログ作成
検索選択

大川原火流し [大川原火流し]

毎年8月16日に行われる黒石市大川原の火流しに今年は行って来ました

去年は行けなかったので是非と思っていたので午後4時頃出発

まずはコースを下見し

P8168785.jpg 

温泉へと思ったのですが

和楽会「昇」さん達の和太鼓演奏があり聞き入ってしまいました

黒石よされ祭りと、津軽伝承工芸館で行われた大道芸大会に参加のために来ていたそうです

本当は30人位での演奏なんだそうですが帰ったメンバーが多くこの人数だそうです

P816880702.jpg

P816880901.jpg

P816883103.jpg

はなをあげる人もいて結構盛り上がりました すごい得した気持ちになり温泉へ入りました

♨  ♨ ♨ ♨

温泉から上がると火流しの準備が始まっていました

囃し方の子供達が整列し準備完了です

P816249801.jpg

 

川の対岸に位置取りし舟が下ってくるのを待ちました 上流からは囃子の響きと、藁の焼けている匂いが流れてきました

P816883702.jpg

P816884003.jpg

いよいよ川幅が狭く流れの速い難所です

土手の上からは村の人たちが見守ります

P816885401.jpg

 

P816886602.jpg

P816888004.jpg

 

P816890306.jpg 

 

P816889504.jpg 

P816888705.jpg

 

火流しは無事終わり 若者達は川から上がり

舟たちは最後の炎を上げていました 

P816890705.jpg

 

とっつぱれ

是非 以前のもご覧下さい

http://karaponeyami.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300687789-1


nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 13

コメント 10

コージ

このようなお祭りがあるのを初めて知りました。前回のプロブも拝見しましたが、迫力ありますね!
by コージ (2009-08-17 00:43) 

たいへー

夜の炎は、妖しいですよね。
by たいへー (2009-08-18 08:16) 

こぎん

お盆の精霊流しの行事、数々あれど・・・その一環ですよね??
ここのは荒行・苦行に近い行事ですね。
や~れやれ や^れや~! のかけ声と囃子がいいです。

by こぎん (2009-08-18 08:53) 

ミッチー

おばんです

xml_xslさん ムネタロウさん
おいでいただいてナイスありがとうございました

コージさん
自分の住んでいる地域のさまざまな行事、歳時に興味を持ち始めたのはここ3,4年の間で、新しい発見の日々でした これからもゆっくりじっくりみて回りたいと思っています

たいへーさん
夜の炎は 本当に妖しいですよね それがまたいいですよね
手足を虫に食われながらパチャパチャやっていました

こぎんさん
由来は南北朝時代に96代後醍醐天皇第3皇子宗良親王が戦に敗れその子孫が津軽に逃れ大川原に住み部下の霊を慰める為に、火を焚き川に流したのが始りで、先祖の霊を慰める行事になったいます
水量の多いときは荒行、苦行です
囃子っコは弘前のねぷたのようであり登山囃子の様であり・・・なんとも好きです
by ミッチー (2009-08-21 21:36) 

nekotaro

太鼓の独特なリズムが、
心を躍らせますねぇ。。。
何かこう、ドキドキ感がたまりません(^o^)
by nekotaro (2009-08-22 07:46) 

春分

またまた奥深い珍しいものを。
それにしてもライトは当てているとはいえ、よくこの暗さで撮りますねー。
by 春分 (2009-08-22 20:53) 

CARRERA

和太鼓に外人さんも混じってますね!

by CARRERA (2009-08-23 10:18) 

littleducks

う〜ん、奇祭なんでしょうね。水と火の神様は仲がよろしいようで。
by littleducks (2009-08-26 20:17) 

asahama

動きがありますね。
和太鼓、小さい頃、たたいた経験がありますが、
思い出すだけでもわくわく。

火祭り、見事です。
水も、火も、
美しいです。
by asahama (2009-08-26 22:53) 

ミッチー

ponchiさん 奥津軽さん nekomezaさん
おいでいただきありがとうございます

nekotaroさん
そうなんです 心躍り 心に沁みるんです

春分さん
フラッシュが連発しないので光が当たったのとそうでないのとが交互なんです どちらかというとフラッシュがないのが自分は好きです

CARRERAさん
そうですこの二人はドイツからきているそうで昇さんの弟子でドイツで和太鼓を教えているそうです 昨年初めて黒石を訪れ気に入って今年も参加したそうです

littleducksさん
そうです奇祭といわれています そうですね水と火は交わるんですね

asahamaさん
和太鼓の演奏は一番前に陣取り手と身体を動かしながら見ていました
火流しは2年ぶりで意気込んで目の前の草は取ったのですがあの草は取らずじまいで やっぱり邪魔になりました
どうも火が好きなようです
by ミッチー (2009-08-26 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。